先日、初めて美容鍼を受けに来た患者さんと話しをしていたときのこと、私はその方に1つの質問をしました。

「なぜあなたは、悩み(シワやたるみといった)を解消したいのですか?」

と、この方だけでなく、私はすべての患者さんにこの質問をするようにしています。聞かれた患者さんは?

  • 「若くみられたいから」
  • 「自分自身をあきらめたくないから・・・」
  • 「仕事で人前に出るのでちゃんとしときたいから・・・」と言った感じですが、私が聞きたいのはそこから先のことです。

なぜ、自分自身をあきらめたくないのですか?なぜ、仕事で人前に出たときにちゃんとしているといいのですか?

自分の見た目を整えることで何を得たいのか?ということです。

なぜ、こんな質問をするかというと改善に向かうモチベーションが全然違い、そのため得られる成果も違うからです。

 

私は、5年ほど前に釣りに行き転んで右ひざの内側側副靭帯を傷めました。それからよく腰が痛くなるので、治療を受けたりジムでトレーニングをしたりして、ほぼ日常生活に支障がないところまで良くなりましたが、ケガをする前と同じぐらいにスッキリと良くはなっていません。だから今でも治療やジム通いを続けています。

なぜ私は、5年も続けることができているのでしょうか?すっきりと良くなっていないからでしょうか?

それも一部ありますが、スッキリと良くなっていたとしても続けていたと思います。

時間に余裕があるからでしょうか?

いいえ、私は毎日12時間以上は仕事をしているので、決して時間に余裕があるわけではありません。

ではなぜ、そんな状況でも時間をやりくりしながら5年間も続けることができたのでしょうか?

それは「90歳になっても好きなゴルフを楽しみたい、そんな人生を過ごしたい!」と本気で思っていて、それを現実にしようとしているからです。孫と一緒にできれば最高ですが(笑)

だから治療も受けジムにも行き、歳をとっても動ける体づくりを今から将来に向けて続けているのです。肉体は年々衰えていきます。身体が今までと違ってくるのはあたり前で誰にでも起ることです。だから身体がいつもいい状態いるためには、色々とやらなければいけないことが増えます。そしてそれらは、習慣としてやり続けなければなりません。

 

世の中には、私はこれでよくなりました。みたいな情報が溢れていますが、お気づきのようにそれは一部の人にとって効果的だっただけで、ほとんどの場合は、一時だけの変化でその効果がずっと続くというものではありません。

だから次の新しい何かを始めます、でもまた満足のいく効果がでない。

そんなことを何度かくり返しているうちに、もう歳だから仕方ない・・・と自分勝手にあきらめてしまいます。大半の人がそうやって歳をとっていきます。

あなたは、どういう歳のとり方を選びますか?

改善に向けてあきらめないで常に最善をとり続けること、そのためにも頑張る目的は明確であればあるほどいいのです。

私も毎日頑張っているので、あなたも頑張ってください!頑張り続けるあなたを私は応援しています!